育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

つわりによるキッチン立ち入り禁止令 扉の隙間も防ぐのよ!

f:id:ikumen_ikuji:20150205103703j:plain大切なお嫁ちゃんのつわりが始まってから、全ての食事、掃除等わたくし、夫がやることになりました。ベッドに寝ていないと常に吐き気をもよおすのでこれ仕方なく、色々やらすわけにもいきません。

ありがたいことに自営業というか、特殊な仕事ですので、わたくしは家に半日はだいたいいます。ですから、自然と家事はわたくしの仕事となっていったわけであります。

 

ひどいつわりに驚き慌てて常に世話をするようになりました。そこで、食事ももちろんですが、妻はほとんどのものが食べることができなく、スイカ、生オレンジジュース、水程度。

しかし、私はいたって普通ですので、食事も普通にします。男ってなんだか無責任ですね。苦しんでいる奥さんを気にせず今まで通り生活なんてできませんね。

そこで、キッチンは妻から夫へ。

まず、キッチンのにおいがまったくだめで、近づくだけでも、うっ!っときていました。ですからキッチンの中になんて入れるはずもなく、わたくしは自由に使っていたのです。

しかし、においは隙間から抜けるものでして、ドアをしめ切っているにもかかわらず、食事のにおいにもどす妻でした。

 

そうです。そのドアの隙間も防ぎ部屋もドアを閉めなるべくにおいが広がらないように気を配りました。

 

つわりに影響したものはまず、毎日炊くごはん。これ全然だめでした。そして最初の原因である肉。妻はこの肉をお昼に食べ、3時ごろにつわりが始まると同時にこの肉が戻ってきたので、見るだけ、思い出すだけでも気持ち悪くなっていました。

 

とにかく、つわりはにおいに敏感になるようで、それまでたまにたいていたアロマも禁止。消毒用のジェルも禁止。料理のにおいもなるべく拡散しない。

普通に過ごしたくても過ごせないこの時期は辛抱です。夫より妊娠中の妻のほうがどれだけしんどい思いをしているか。

 

広告を非表示にする