読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

つわりと悪阻の違い 入院させてあげたかった

つわりについて色々と調べていたら、悪阻というものもあるようで、同じだと思っていたらどうやら違うようです。読み方はいまだによくわからないのですが、オソとよんだり、つわりと読んだり、どうなんでしょう。
 
ただ、つわりは一般的にだいたい4、5週目くらいからあらわれて15、16週目ぐらいになくなるようです。
この15、16週目は胎盤が完成する時期のようで、この胎盤が完成すると安定期にはいるようです。同時につわりも終わる方が多いようです。初妊娠にもこのつわりが出る方が多いようです。うちのお嫁さんは初妊娠だったので、ひどいつわりになったのでしょうか。
 
そして、このつわりの症状が悪化したものを悪阻と呼ぶそうです。
普通のつわりはまず吐き気、嘔吐があるというものは知っていました。さらに体のだるさ、眠気、食欲がない、という症状があり、妻はすべてに当てはまり、さらに頭痛もありました。熱もありました。
 
悪阻はこれのひどいバージョンらしく、食事がほとんど取れないので、栄養不足、脱水症状などになり、一日中嘔吐が続くらしいです。
まさにこの症状でした。夜中も吐き気、嘔吐してましたので、本当に一日中でした。
そのため食事もとれず、どんどん痩せていき、日本でしたら間違いなく入院だったようです。
日本だったらどれだけ楽にさせてあげられたことかと悔やんでいました。
 
このつわりの期間は私がポルトガル語をしゃべることも禁止され、一番最初はもう話さないで!と、かるくキレてました。
 
恐らくこの期間中相当のストレスを感じていたに違いありません。
ほんとうにありがとう。
広告を非表示にする