育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

家で豆腐づくり ブラジルは豆腐が高い

日本では当たり前のお豆腐。

ブラジルでも日系人の多く住むところには日本食はたくさんあります。特にサンパウロ市は日本食の店や、レストランなどたくさんあり、特に不自由はしません。

しかし、私たちはそこからかなり離れた場所にいるので、なかなか手に入りにくいです。

そこでもうないなら自分で作ろうと思い、適当にやってみました。

 

自宅で手作り豆腐

 

材料

  • 大豆(soja) 1カップ
  • にがり(sal amargo) 5gぐらい
  • 水 適

これがにがり。苦い塩です。

f:id:ikumen_ikuji:20150307111944j:plain

 

 1.大豆をよく洗って、三倍ぐらいの水に一晩つけておきます。

f:id:ikumen_ikuji:20150307050831j:plain

 

 2.ミキサーに水1000ccぐらい入れてスイッチオン。水をあまり入れすぎるとあふれるので注意です。

f:id:ikumen_ikuji:20150307051248j:plain

 

 3.②のミキサーでドロドロにしたものを鍋に入れ、水を500ccぐらい足して適当にあっためます。

 

 4.適当にあったまった大豆ドロドロを綿の布で一度こします。

 こして残ったものが副産物おからです。

f:id:ikumen_ikuji:20150307051323j:plain

 

 5.こした豆乳を沸騰させます。この時、鍋底に焦げ付くので、かき混ぜながら沸騰させます。沸騰すると一気に吹き出てくるので、大き目の鍋がよいです。下の写真は完全に吹き出ています。

f:id:ikumen_ikuji:20150307051345j:plain

 

 6.沸騰の後、火を止め、少し冷めてきたら、100ccぐらいの水に溶かしたにがりを投入し、ざっくり混ぜた後、冷めるまで放置します。

f:id:ikumen_ikuji:20150307051422j:plain

 

 7.少し冷めて触れるくらいになったら、もう一度布で濾します。ギュッとこしたものが豆腐になります。こして固まった後は、にがりが苦いので、水のなかに豆腐を入れておきます。完成

f:id:ikumen_ikuji:20150307051513j:plain

広告を非表示にする