読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

子供にやさしく 自分に厳しく

夫さんの行動

わたくし、父親になってから自分の心が変わってしまった事を書きましたが、生活に関しても変わってしまったのです。

 

ikumen-ikuji.hatenablog.com

 

生活が子供中心

まさにこれ、みんなそうなります。

 

例えばテレビを見ているとき、CMの子供関連が流れた時はもうなんだかうきうきします。

街を歩いている時もそうです。

お店なんか見つけたりするとちょっと見ていこうかということになり、あれもこれも、イイネ、イイネ。結局はかわないんですが、こういうことも多くなりました。

 

そして口癖は

「大きくなったらドコドコ行きたいねー」

夢は広がるばかりですな。

 

 

生活の仕方が自分の思い通りにならなくなると

生活に関しては、全て子供が中心になってくるので、自分達の事は後回し。

 

これ最初のころはよかったんです。体力もまだまだあるし、赤ちゃんも寝ることが仕事でほとんど寝てるか、ごろごろしてるか。

 

歩くようになってからはもうストレスが知らないうちにたまっってしまいます。

私の場合は自分の思い通りにならないこと。

今までこう実行すれば、こうなるといった、予想できる行動ができず、時間がかかってしまうようになったことが、どんどんストレスを貯めていったと思います。

 

そして最悪なことに、このストレスが子供に向けられることも多々ありました。

子供が寝なかったり、泣き止まなかったりすると、ストレスがたまっている時は、ちょっと荒くベッドにおいてしまったり、ごはんをぐちゃぐちゃにしたり、言うこと聞かなかったりしたとき、無理やりイスから持ち上げて床におろしたり。

 

これ一番よくないことです。

危ないことややってはいけないことに対して、威厳をもって叱ることは、しつけの部分でいんでしょうけど、そこにストレスというか、思い通りにならない自分の思いをぶつけてしまうことはいかんですね。

やってしまった後に反省するんです。落ち込むんです。またやってしまったと。

いつも妻からも怒られるんです。

そのたびにさらに落ち込むのです。

 

そして、いつも思うことは、旦那が育児をあまりにもするようになると、仕事がおごそかになるんじゃないかって。特にうちの場合は自営なので、ほとんど自由というか、家にいるので、常に子供を見ることもやろうと思えばできます。

でも集中でなきないんです。

 

逆の場合もあります。

子供の世話をしなきゃいけないから、仕事を早く終わらせなきゃいけないという考えで、短期集中バリバリやって効率をあげること。残業なしで通常時の効率を上げるあれと一緒ですね。

 

しかし、私は情けないかな、もちろん前者です。子供が気になって効率無視です。

 

こうして、多くの事がたまりはじめるのです。

 

気づけばなんと、前歯の上二本のうちの一本が前に出てきた。

は?

その理由は、知らないうちに歯を食いしばっていたからです。

 

日本を出たころはまだ慣れない環境で、知らないうちに歯を食いしばっている頃がありました。この時は奥歯をかみしめていたので、あごが疲れるといった症状だでてました。

 

今はたちの悪いことに前歯を、しかも普通は上の歯が前に出て、下の歯は内側に噛み合わさるものですが、なんと驚きの逆かみ合わせ。

 

噛みあわせがおかしかったので、知らないうちに前歯の一本が傾き始め、一本だけよく見たら出っ歯になってしまいました。

 

これにはかなりのショックを受け、現在ではたまに気づいたら手でグイグイ押してますが、治るはずもなく、矯正したいと思ってます。

広告を非表示にする