読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

私夫 チキン南蛮をつくる 間違いの無いレシピ

男の料理

以前宮崎出張に、何回か行くことがあり、だいたい滞在期間が約1週間から2週間だったので、結構地元の料理とかいただいたことがありました。

 

昔は新婚旅行は宮崎的なこともあってか、お土産や旅行者への配慮がなかなかうれしい街でした。

 

そこで食べたチキン南蛮、もも焼き、冷汁、チーズまんじゅうにもちろん焼酎。

どれもなかなかおいしかった思いがあります。

 

おすすめは冷や汁。

ただの冷たい味噌汁なんですが、これが、ただではない。焼酎のあととかめちゃめちゃおいしいです。飲んだ後にラーメンを食べるように、宮崎では冷や汁をいただいてました。

 

現地の人は冷や汁なんて食べないよと言う人もいるようですが、私の友達はみんな冷や汁たべてました。

いりこ、あじをだしに使うのが基本らしいですが、友人は贅沢にも鯛をだしに使うというセレブ冷たい味噌汁。夏の暑い時期に最高でした。

 

それで、今回はなぜか遠く九州の友人が多いので、宮崎人に教えていただいた、間違いのないチキン南蛮レシピをつくってみました。

正式にはおそらくチキンタツタ南蛮ですね。

 

「材料」

チキンタツタ

・鶏もも(むねでもOK) 2枚ぐらい

・卵白 1個ぐらい

・片栗粉 50gぐらい

 

「ぶっかけるあん」

・酢 100ccぐらい

・砂糖 100gぐらい

・しょうゆ 大さじ2ぐらい

・片栗粉 大さじ2ぐらい

・水 大さじ2ぐらい

 

「タルタルソース」

・マヨ 大さじ6ぐらい

・ケチャップ 大1ぐらい

・砂糖 大1ぐらい

・レモン汁 大1

・ゆで卵 1個

・玉ねぎちょっと

 

1、[肉下準備]

   鶏肉に塩コショウをして、卵白をぶっかけておきます。

2、ゆで卵をつくっておきます。

3、[あん調理]

   鍋に酢、砂糖、しょうゆを煮立たせます。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけておきます。

4、塩コショウそしてなじませた鶏肉に、片栗粉をよくまぶして、揚げます。中火で両面火を通す。

5、肉が揚がったら、焼けているか確認して、あんにからめておきます。

6、肉をからめたらお皿に盛りつけ、残ったあんをかける。

7、タルタルソースをつくります。材料を混ぜるだけ。ゆで卵をつぶすのを忘れずに。

 

あとは鶏肉にタルタルソースをかけていただくだけです。

 

揚げる時に小麦ではなく片栗粉を使うところが、違うところ。

普通にあげたものを以前は作っていたのですが、時間がたつとアンとタルタルで衣がどろどろになってしまうので、片栗粉であげたらこれおいしい。

 

竜田揚げって奈良にある竜田川が言語の由来らしいですよ。

f:id:ikumen_ikuji:20150617050453j:plain

広告を非表示にする