育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

陣痛の痛みから病院へ 第二子出産

早朝午前4時ごろ、妻はお腹の痛みで目が覚めたようです。

私を起こすなり、ちょっと始まったみたいと。

 

ikumen-ikuji.hatenablog.com

 

そして、いよいよ病院に着いて、陣痛の痛みで普通に歩けなかったので車イスにて、移動。

まず、当日の当番の先生にどんな様子かを聞かれましたが、もう妻はそれどころじゃなく、必死に痛みと戦っていました。

そして、言葉もわからないので、全て私が話しましたが、片言でもなんとか通じ、分娩の場所まで、ベッドでガラガラ移動です。

 

わたくし夫もちょっとテンパっていたようで、なんと妻の検診手帳を忘れてしまうという大失態。

しかも、赤ちゃんの服から、妻の服、手続きの書類等全部カバンに用意してあったにもかかわらず、家を出る瞬間、すぐに手続きできるよう、検診手帳だけ出して、手に持って、靴を履く時イスに置いてきてしまいました。

 

最初は名前と生年月日がわかればいらないといわれていたのに、分娩の場所までいくと、いるからといわれ、もうダッシュでとりに。

久々に走りながら、タクシーを呼び、途中で拾ってもらいました。

なんだか東京で働いていたころを思い出し、ちょっと血が騒ぎました。

あぁ身を削って仕事したい。

 

そして、また急いで病院に戻ると、すでに医者が破水させていた模様。

後から聞くと、陣痛がひどいのにもかかわらず、色々書類にサインさせられて、そして、ひとりで着替えをした様子。なんてこったい。

 

分娩の場所はまず第一の部屋で準備、様子見。

そして、第二の部屋で、赤ちゃんが出てきそうになるまで、待機。

そして、第三の部屋で出産という、なんともいえないシステム。

 

しかし、妻はすでに破水していて、赤ちゃんの頭がみえている。

病院に戻った直ぐに、医者が

「もう赤ちゃんあたま見えてるよ!ホラ!」

って、子宮をぐいっと私にみせてくれましたが、そのときは何とも言えない気分でした。

 

いよいよです。

第三の分娩室にガラガラ移動して、自分でベッドに移動しろって言われてました。

無茶苦茶ブラジル。

 

長男の時は1時間でも短い方の出産でしたが、結構いきんだり、押したりして、今思えば結構頑張った感じの思い出がありました。

 

ikumen-ikuji.hatenablog.com

 

しかし、今回は急いで戻って、移動して、移動して、

「あ、産まれた。」

なんと早いこと。

最終部屋の通訳したことは、陣痛の痛みと同時にりきめ。のみ。

あとは汗をすこしふいただけ。

 

本当にすごい安産で、ありがたかったです。

体重は3564g。

おっき!

広告を非表示にする