育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

子供が生まれてからの生活の変化

子供が生まれる前は、夫婦なのでもちろん二人だけです。

両親とも住んでいないので、二人だけなのですが、

子供が産まれる前の生活は、楽しく、そして時にはケンカもある新婚生活でした。

 

しかし、子供が産まれると、全ての中心は子供になるので、新婚生活はすべて終了。

とにかく育児をして、合間に自分の時間を楽しむと言った感じになりました。

f:id:ikumen_ikuji:20151002103622j:plain

子供が産まれる前

結婚してから、子供が産まれるまでは一年ぐらいでした。

産まれるまでは1年だけど、妊娠した後、つわりが始まって、ほとんど身動きがとれなくなって、安定期に入るまでは家から出るのは検診ぐらいでした。

 

だから、新婚で色んな場所に行ったり、飲んだり食べたりとかほとんどなし。

結婚にはまったく後悔はないけど、もっとどこか遊びに行ったり、旅行に行ったり、食事やカフェとか、いっとけばよかったと思ってます。

 

それでも、子供ができたらたぶん二十年は自分達は動けないからね、と話し合っていてよかった。

こういう覚悟をちょっとでもしていたから、ストレスも大分軽減されていると思います。

 

でも、外になかなか出れなかった分、家の中で二人で映画見たり、トランプしたり、本読んだり、料理やバラエティみて、特にどこかへ行ったのはなかったけど、良い時間だったと思います。

 

子供が産まれてから

長男君が産まれてからは、最初の子でほとんど無知だったため、もう毎日必死でした。

最初の2、3か月は夜中も起きてるし、昼も暑くて1時間おきに目が覚めるしで、二人とも睡眠不足でやばかったです。

ikumen-ikuji.hatenablog.com

 

子供中心の脳

気持ち的にも、子供中心の考え方になって、自分の事はおいといて、先ず子供の事を優先するようになりました。

そして、意識の変化にも書いたように、他人の子供でもかわいく思えてきて、これは不思議でした。

 

体力は限界だけど、倒れるわけがない

何度も書きますが、長男君の時は、夜は寝ない、昼も寝ない、間に寝て起きての繰り返し。しかもスパンが短すぎで、自分達も休む暇がなかったです。

 

それのせいで、寝不足がすごかったです。

でも、夜中でもうろうとしながらでも、ミルク作ったり、だっこしてあやしたりしていました。

 

だから、もう限界だと感じたり、思っても、倒れることはないし、倒れても代わりがいないので、結局やるしかないんです。

 

結局のところ

やっぱり子供がかわいいんです。

子供はいうこともなかなか聞かないし、自分達の思い通りには絶対いきません。

人間自分の思い通りにいかなかったり、想定外のことが起きると、かなりストレスになるんだとわかりました。

 

でも、やっぱり自分の子供はかわいいんです。

成長も本当に日に日に伸びていきます。

身体や顔の変化もそうですが、言葉や行動、興味が本当に朝起きるとかなりの成長が見られて、子供ってすごいなって思います。

 

広告を非表示にする