育児に奮闘24時 イクメンレオ

長男が産まれ、無知のまま育てていたら、二人目も授かり、身動きの取れなくなった妻に代わりすべてを任されたイクメンの育児記録。出産の準備から、産後のケアまで。しかも海外って

乳児風邪をひく 家族全員に移る予感

生後3か月の乳児が風邪をひく

生後3ヶ月の次男が風邪をひきました。

症状は鼻水と咳です。

 

特に鼻水がひどく、鼻では息ができなくなっています。

そんな時は鼻吸い器ですってあげて、すっきりしてくれます。

 

風邪は空気感染をするという恐ろしい病気ですが、なんとか良くなりつつあります。

これで、治まってくれればいいのですが・・。

 

風邪を引いた原因

まだ生後3か月の次男が風邪をもらってきたのは、病院です。

3か月検診に行ったとき、なんと病院に着いて、

病院をでるまで、3時間もかかりました。

 

しかもちゃんと予約をしていったにもかかわらずです。

 

まず、予約時間を20分遅れでついたら、ドクターがまだ来ていない。

さらに、予約人数22に人中20番目。

小さな病院に子供だけで22人もいるのです。

 

その中にはゴホゴホいっている子もいて、かなり恐ろしかったです。

子供の中には乳児ばかりではなく、4歳、5歳の大きくなった子もいて、

さらに恐ろしかったです。

 

予感的中

長かった病院を終え、自宅に無事戻り、お風呂をすぐにいれて着替えさせました。

その日は元気で、診察も特に問題なし。

 

しかし、次の日の夕方ごろから、なんだか鼻の調子がおかしい。

鼻が詰まりだし、息がしにくそうです。

時折ぐずぐず言っています。

 

やはり、風邪菌をもらった来たようです。

 

さらに父のわたくしも頭がガンガンする。でも、鼻水はでなかったな。

 

長男に風がうつる

さすが空気感染する脅威の病気、風邪。

すぐに2歳の長男に移りました。

 

この長男の風邪がまたひどいんです。

症状は次男と同じ鼻水です。

 

もう鼻水がだらだら出てきて、同じく息ができなくて、口呼吸状態。

風邪がうつった初日は、終日動きっぱなしの長男もさすがにしんどかったようで、

午前中は寝ていました。驚きです。正常でよかった。

 

問題は夜です。

鼻が詰まっていて息ができず、なかなか眠りにつくことができません。

寝たいけど、しんどくてごろごろごろごろしていました。

 

鼻吸い器という最終兵器

やはり鼻水、鼻づまりには鼻吸い器。

これを今使わずしていつ使う。

もう、泣き分けいてもなんでもこればっかりはしょうがないので、

無理やり抑えてすってあげました。

 

かなりギャン泣きで大変で、かわいそうでしたが、鼻が通ったようで、

すっきり寝ることができました。

 

しかし、問題は次の日もつづきます。

 

風邪は1日で治ることなく、3か月の次男もまだ鼻づまり。

長男はさらにひどくなり、鼻水が垂れ放題。まさにはなたれ小僧。

 

問題は食事です。

そうなんです。鼻が詰まってごはんが普通にたべられない。

わかりますか?

 

一度鼻をつまんでごはん食べてみてください。

かなり食べづらい。

なんとかわいそうな事か。それで、食事のほうもいつもはよく食べるのに、

大好きなものだけ食べて、あとはお残し。なんと残念な。

 

そして、最悪の事態です。

 

妻に風邪がうつる

子供の風邪がとうとううつってしまいました。

鼻をよく吸っているので、恐らくそこからかな。

 

症状はもちろん、咳と鼻水。

鼻で息ができないのは誰でもしんどいですよね。

次男にはまだおっぱいをあげているので、薬なんてのめないし。

熱とかの症状じゃなくてよかった。

 

つぎはやっぱり父親のおれかなぁ。

 

まさに戦々恐々・・。

広告を非表示にする